家賃が払えなくなってしまった

      2016/09/04

ded0d12c439157564ab15b4818cc74c7_s

この年齢で家賃を払えなくなるとは・・・

【スポンサーリンク】

後先を考えずに逃げ出したわけではないが・・・
貯金ゼロ、毎日が綱渡りのような生活。

時間や行動は自由になったけど・・・現実の厳しさを痛感している。

節約節約で外食なんて出来る余裕はない。
息子もそろそろ半額のお弁当にも飽きてきたようだ。

牛乳は安い低脂肪にかえた。
コロッケは五個100円の冷凍食品。

大好きな菓子パンも我慢!惣菜パンなど贅沢品で、一斤70円の食パンを常備しています。
息子はバス代がもったいないと、どこへ行くにも自転車を使ってくれている。

最初から経済的不安を軽減しようと安アパートを借りたのだが。

家賃は4万円、ギリギリ安い所を探した。
その家賃も払えなくなるとは・・・

ふとDV夫の元へ帰ろうか頭をよぎる。
育ち盛りの息子に栄養ある食事を作ることもできない。

息子に相談を持ちかけてみた。

「お母さん膝痛で、これ以上仕事は増やせない、貧乏生活続けるよりお父さんの所へ帰ろうか?」

息子は「嫌だ!絶対いやだ。あの人とは縁をきりたい、俺もアルバイトするから頑張ろう」という。

私さえ我慢すれば済むという気持ちは改めた。
いま出戻ったらDV夫から逃げてきたこの必死な三ヶ月が無駄になる。

DV夫は「やっぱり戻ってきたな」と不屈な笑いをするだろう。

そしてこいつらは俺から逃げられないと更にDVが凄くなるかもしれない。

 icon-check-square-o それだけは絶対に避けなければいけない。

離婚をしていないので児童扶養手当は貰えない。
私の兄妹、そして年老いた母に相談も出来ない。

特に妹は子供のために我慢して夫の所へ帰れと言う。

経験した人でないと分からないから、そんなふうに簡単に言えるのだと思う。
家賃のことで、明日行政の相談窓口に電話をしてみよう。

スポンサーリンク

 - DV体験 現在 ,

  関連記事