20年ぶりに、見たもの

      2016/09/04

夏の花火

昨日今日と実家に帰省して、地元のお祭りを見て来ました。

DV夫と同居中は、実家に泊まることなんか許されなかったので、泊まるのは本当に久しぶりでした。
夕方のお祭りまで、時間があるので、私が育った街並みを散策してきました。

スポンサーリンク

私が卒業した、小学校も中学も、今は統合されてなくなり、その跡地には全く違う建物がたっていたし、友達と笑いながら通った通学路もなくなっていました。

長い月日がたち、変わってしまった街並みを歩きながら、寂しさが込み上げて来ました。

あの頃は、苦しく、辛い結婚生活を送ることになると思っていなかったと思います。

とにかく20年たっていました。
地元を一時間散策しても、夜のお祭りを見学に行っても、懐かしい顔に出会うことはありませんでした。

すれ違っても、わからなかったのかもしれません。
白髪も増え、シワも増え、変わってしまったのは私も、同級生たちも同じだと思います。

そして、籠の中の鳥だった私の23年間の結婚生活を思い空しくなりました。
お祭りを見でも、感動もなくなにも感じない私がそこにいました。

人生をやり直せるものならやり直したいです。

スポンサーリンク

 - DV体験 現在

  関連記事