逃げ場所だった、インターネットカフェ

      2016/09/04

逃げ場所だった、インターネットカフェ

インターネットカフェ、まんが喫茶とも呼ばれる24時間営業の個室があるお店。

私は、よくそのネットカフェを利用してました。 

DV夫から、追い出された時の逃げ場所としてです。

インターネットできて、まんがや雑誌読めて、飲み物は、飲み放題。
ソフトクリームも無料でした。

スポンサーリンク

夜11時頃に入り、朝6時くらいにまでいれて3000円位でした。
そこは、個室になっているのだけど、仕切りだけで、天井は筒抜けです。
回りの人の、咳、くしゃみ、ため息、イビキぜーんぶ聞こえて来ます。

一応、毛布も貸してもらえるので、グーグーイビキをかいて寝ている男性が、ほとんどです。

私はいつも、椅子ない個室をえらび、そこで丸くなっていました。

一畳あるかないかの個室で、足も伸ばせず、朝がくるまで、丸くなっていました。

訳のわからない男性客に囲まれた個室で、眠れる訳ありませんでした。

いつもいつも惨めでした。
何でこんな所にいるんだろうといつも思いました。

朝を向かえ、バスが動きだし、DV夫がいなくなった頃に、家に戻りました。

そんな惨めな避難、何回したでしょう。
あの個室に比べれば、このワンルームは、私にとっては天国です。

スポンサーリンク

 - DV体験 回顧 ,

  関連記事