警察からの電話

      2016/09/04

警察からの電話

まさかでした、でもいつか来る日が来たんだと・・

【スポンサーリンク】



本当に他人事のように思えた。

でもこういう日が来ても不思議ではない状況でもあった。

それでも、いざとなると信じられず、私はあせった。

親バカかもしれないけど、私が身代わりになって済むならそれでいいと思った。

ある日、警察から電話。

私は「あぁ、とうとうやってしまった」という気持ちで、神様、娘を助けてくださいと祈りながら警察へと向かった。

娘が小学生になり、入学式のすぐあとに息子が生まれた。
娘に続きまた帝王切開での出産だった。

娘の時と違うのは男の子の誕生ということで、夫は涙を流して喜んだ。
待望の男の子誕生。

でも退院後は休む暇もなく家政婦のようにこきつかわれた。

その頃から私たち夫婦の愛情は、DV夫に「今すぐ捨ててこい」と言われた娘から、どんどん息子に向かっていってしまった。

 icon-check-square-o それが警察からの電話の原因と思っている。

息子が産まれた時、娘はまだ1年生なのに甘えて来ることもなくしっかりしている子だと、私は勝手に思っていた。
だけど、それは違っていた。

やがて小学校高学年頃から、娘はいろいろなサインを出し始めた。

娘は「私をみて、私を愛して」と口に出して言えない苦しみにもがいていたのだろう。

私は、そのことに気づいていたのかもしれないけど、DV夫の手前、気づかないふりをしていたのかもしれない。

スポンサーリンク

 - DV体験 回顧 , ,

  関連記事