行方不明扱いの私

      2016/09/04

dae8b3dadd6f71884f9d5824cab27501_s

慰謝料ガッポリとりなさいよ!

【スポンサーリンク】

昨日、勤務先のスーパーに隣の奥さんが訪ねてきた。

レジを打ちながらなのであまり話せなかったけど。

「いったいどうしたの?何があったの?」

「モラハラとDV 」

「えっ~」

そんな感じの軽い会話。

行方不明扱いされてる私・・・

近所では、奥さん(私)がいなくなったと大騒ぎらしい。

入院した?出ていった?離婚した?亡くなった?などなど皆さんいろいろ言っているようで…。

それで、どうしたものかと私の職場に確かめにきたようだ。

隣の奥さんとは同年齢で結構仲が良く、いろいろおしゃべりした関係だった。

その隣の奥さんのスゴい過去を私は知っている。

その旦那さんは酒飲みで仕事もしないで、プラプラしているような人だった。

よく悩みを聞かされ、あんなやついなくなればいい、毎日呪いかけてるんだと笑いながら言っていた。

すごい冗談だなぁとその時は思ったけど。

それから半年もしない、大晦日、隣のご主人はお亡くなりになった。

くも膜下出血で倒れあっというまに逝ってしまった。

まだ41才位だったと思う。

病院から遺体となって帰宅したご主人はお正月の間、ずっと隣の家に安置されていた。

そして松が明けてからのお葬式。

誰も泣いて居なかった。

形式的なお葬式だった。

そして、隣の奥さんは私の顔をみてニッコリ笑ったのだ。ゾッとした。

しばらく近所中では隣の奥さんに対するいろいろな噂がたったけど、真相はわからない。

その時思った、呪いが効いた?のかと。

いや、呪いなんかあるはずがない。

でもいなくなって欲しいという気持ちは通じてしまったのか。

生きて欲しいと願う兄嫁。いなくなって欲しいと願った隣の奥さん。

夫婦っていろいろだ。

私も、よくDV 夫に言われたっけ。

隣の女みたいに俺を呪うつもりだろうと…。

そんな勇気があるわけない。

夜、連絡先を教えあった隣の奥さんからLINEがきた。

慰謝料ガッポリとりなさいよ!

スポンサーリンク

 - DV体験 現在 ,

  関連記事