生活苦、明るい未来を信じて

      2016/09/04

bdb5760384a4dbe51495a1cad60a8ed0_s

お金がないと心まで貧しくなる。

息子が、あのDV夫の元へ帰りたいと言い出した。
自分の部屋もあるし、今よりはいい生活が出来るからと思ってるみたいだ。

【スポンサーリンク】

本当に経済的に苦しくてお小遣いもあげてない。
息子は部活をやっているのでバイトなかなかもみつからない。
大学へも行けるかわからない、勉強もしないとならない。
いろんな不安と戦っているのだと思う。

DV夫からは電話もなく、夫は帰ってこいと言わなくなった。
 
夫も仕事がなく収入もないから、貯金を崩して生活しているのかもしれない。

そんな状況の中、息子だけ帰っても暴力の餌食になるだけだろう。

息子は、生活保護の申請をするのも嫌だ、やめてという。
でもどうにもならないので・・・

明るい未来を信じて、生活保護の申請の準備を始めた。

まず最初は親族に援助の申請をしたが、やはり兄も妹も莫大なローンを抱えているので無理。

母は年金暮らしのために無理。
娘も奨学金を抱えこんでいるから援助は無理。
親族にそういった理由で援助は出来ないと書類を書いてもらい署名捺印も必要。

あとは預金口座を全部調べられる。
私の通帳は全てゼロなんで堂々と提出できる。
保険関係も全部解約して、何も入ってない。

 icon-check-square-o そのような書類を全て提出して、生活苦であることを証明して審査が始まる。

私は本当に生活保護を受けようなんて思っていなかった、だけど息子を守るため、息子を社会人にして送り出すために、この生活苦を何とかしなくてはならない。 

辛い幼少時代を過ごさせてしまったことに、私は負い目がある。
だからあともう少し生きるために必死にならないと、と思う。 
 
体も疲れているし、お金もないと心はどうしてもマイナスな考えになってしまう。
本当に幸福な日々はくるのだろうか・・・

関連する記事:「役所へのDV相談、生活保護etc」
スポンサーリンク

 - DV体験 現在 ,

  関連記事