DVモラハラ被害、夫の生活習慣

      2016/09/04

942768b18d1d9c656ee8764bdda802a8_s

籠の中の小鳥。

仕事からの帰宅途中、コンビニで100円のアイスコーヒーを買ってきて飲む。
ささいな幸福な時間。
DV夫といた時はいつも時間に追われていた。

夫の生活習慣に合わせて、従わされていたというほうが正確かもしれない・・

 icon-check-square-o 何百年も前の武家の時代ならいざ知らず。

【スポンサーリンク】

夫が、帰ってくるまで私も息子もシャワーを浴びる。
お風呂に入るのは週一しか許されていなかった。

DV夫が週一日しかお風呂に入らなかったから・・・私たちだけ入ると怒られた。

「自分たちばかり入りやがって」と怒りだす。
だからシャワーも内緒で、こそこそと浴びた。

そして証拠が残らないようにお風呂場の水滴を全て拭く。

これをほぼ毎日やってた。
だから今お風呂ににゆっくり入れるのが本当に幸福だ。

 icon-check-square-o あとはクーラー。

DV夫はクーラーが嫌いなので、私たちもどんなに暑くても我慢させられた。
今年の夏は涼しい部屋で寝れる。
そして息子は夜はTVを見ることを許されなかった。もちろん私も・・・。 

 icon-check-square-o テレビのチャンネル権

DV夫が帰ってきたら茶の間のTVは夫のものになった。
だから私たちは、学校や職場でTV番組の話しはできなかった。

今は好きな番組を見れる。
これもささいな幸福。

その中でも一番、自由ということに幸福を感じるのは・・・

外出できること、帰宅時間を気にしないですむこと。

DV夫と住んでいる時は一日に何回も家にいるか確認の電話がかかっできた。
そして出ないと怒られた。
「どこ行ってたんだ?何をしてるんだ?」と怒鳴られる。

オチオチ買い物も出来なかった。

本当に私たちは籠の中の鳥、いや檻に閉じ込められた鳥だったと思う。

スポンサーリンク

 - DV体験 回顧 , ,

  関連記事