息子のDV連鎖

      2016/09/04

8106790217_7021b6345a_b

感情をコントロールできない、DV連鎖。

【スポンサーリンク】



DV夫のもとを脱出し、ワンルームの狭いアパートで暮らしているからか、思春期の息子にもストレスが溜まっているのかもしれない。

あることで息子に注意をした時、まるで夫の暴力を見てるような錯覚を起こすほどの勢いで、キレてテーブルとカラーボックスを粉々にしてしまった。
私は泣きながら止めた。

DV連鎖、暴力の負のスパイラル。

暴れる息子を必死に止めながら流した涙は、悔し涙。

夫に溺愛されて育ちながら、夫のDVを目の当たりにして怯えながら育ってしまったのだろう。
怒りの感情の表し方が極端な時がある。

子は親の背中を見て育つというが・・・

 icon-check-square-o DV夫によって無意識な暴力をスクーリングされてしまっていると思い、悔しかった。

もう息子の腕力を、私に止める力はないけれど、私は「やめて、やめて」と必死で押さえつけた。
振り払われても、泣きながら懸命に止めた。

息子も泣いていた。

自分のしていることに気がついたのだろう。
私は、落ち着いた息子を抱きしめることしかできなかった。

息子も抑えられない暴力の衝動を悔やんでいるようだった。

その日はそれ以上、何も言わずに私は鼻をすすりながら壊れた家具を片付けた。
苦しむのは私だけで十分だ。

 icon-check-square-o DV被害の恐ろしいところは・・・
暴力行為が被害者に連鎖して被害者が加害者になってしまう。

私の息子が、夫のような暴君にならないように、この連鎖を断ち切らなければと思った。

スポンサーリンク

 - DV体験 現在 ,

  関連記事